解決策

台風や強風時にシャッター(雨戸)が無い窓ガラスが不安になる方が多いと思います。台風等が過ぎてしまえば不安は消えると思いますが、突発的に発生するものに対しては常に不安と隣り合わせではないでしょうか?ガラスからの景観も変わらずに安心・安全を提供することが窓フィルムには出来ます。養生テープでの飛散防止等が報道で促されましたが、もともと粘着力の弱い養生テープでは長い期間での安心・安全は確保できません。飛散防止フィルムの耐用年数は環境にもよりますが10年~15年です。その間、窓ガラスが割れない限り安心・安全を確保できます。たとえ、窓ガラスが割れたとしても飛散しないために、二次災害に繋がることは非常に低い可能性になります。ガラスには、飛散防止が最低限の安心・安全確保案になります。貫通防止フィルムを貼る事により、ガラスの強度は上がりませんが強風に対してガラスが押される力をフィルムがフォローすることにより、ある程度割れにくくなる効果はあります。完全にガラスが割れない様になるわけではありません。

出窓も見た目はものすごく高級感にあふれて憧れの窓ですが、その反面、台風の際にはかなりの不安材料だと感じられていると思います。直接ガラスに風雨・飛散物があたる可能性は否めません。雨戸等を設置出来れば良いのですが、出窓となると見た目を損なってしまうので、大半の方がそのままだと思います。防犯対策・飛散防止対策で安心・安全を行いませんか?飛散防止・UVカットフィルムは透明タイプで景観を損なわずに施工出来ます。貫通防止フィルムを貼る事により、ガラスをフィルムがカバーすることで強風による押す力の分散につながり、ある程度割れにくくなる効果はあります。飛来物に対しても貫通防止の為、飛散防止フィルムより強度はあるフィルムになります。

防災意識向上キャンペーン >>>

お気軽にお問い合わせください。090-8188-2166お電話受付時間 9:00-18:00 *対応不可の場合は、折り返し連絡させていただきます。メール受付時間 24時間受付*翌日中にお返事致します。美容店・理容店・飲食店・スポーツジム・法人様・開業医様・個人宅、窓があれば施工は可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

メールでのお問い合わせはこちら