窓ガラスフィルムには、いろいろな役割があります。その一つが、窓ガラスの破損による怪我の防止です。

ここでは、事故や災害による住宅や施設のリスクやガラス飛散防止のためにできる対策の方法、飛散防止フィルムの特徴や機能をご紹介します。また、飛散防止フィルム施工を行う業者・goodfilmについても紹介していますので、施工業者選びの参考にしてください。

事故や災害による住宅や施設のリスク

飛散した窓ガラス

台風や地震などの災害が発生すると、住宅や施設には様々なリスクがあります。

その一つが窓ガラスの破損です。窓ガラスの強度はある程度備わっているものの、台風や地震などで人や物がぶつかってしまうと破損する危険性があります。窓ガラスの破片が体のどこかに刺さったりすると、大怪我になるおそれも…。

このようなリスクを避けるためには、窓ガラスの飛散防止対策が必要です。万が一に備えて、住宅や施設では窓ガラスの耐久性を高める対策を取りましょう。

飛散防止フィルムは効果的!窓ガラスの飛散防止のためにできる対策

飛散防止のための窓ガラスフィルム

窓ガラスの飛散防止のためにできる対策の一つに、フィルムの使用が挙げられます。飛散防止フィルムは、窓ガラスにフィルムを貼り付けることで、ガラスが割れたとしても飛散するのを防げるアイテムです。

窓ガラスフィルムを使用することで、災害時に窓ガラスが破損しても飛散しないので、体のどこかに刺さって怪我をするといった危険が回避できます。住宅や施設、店舗などの窓ガラスには、飛散防止フィルムを貼りましょう。

また、カーテンの設置も窓ガラスの飛散防止対策として効果的です。カーテンを取り付けておけば、ダイレクトに破片が飛んでくることを防止でき、怪我をするリスクは大きく下がります。

そのほか、家具の移動や高性能のガラスへの交換も、ガラス飛散防止のための対策です。窓ガラスの割れる原因の一つは、事故や災害による家具の転倒によるものです。テーブルや棚など、家具類は窓ガラスの近くに置かないようにしましょう。

景観を損なわない!飛散防止フィルムの特徴・機能

飛散防止フィルムの多くは、ガラスの透明感を失わないという特徴があります。そのため、貼り付けたとしても景観が損なわれることはほとんどありません。

また、UVカット機能付きのものも多く、太陽光の紫外線から守ることができます。

防音対策や暑さ・寒さ対策といった窓ガラスの役割を維持しながら、景観も損なわず飛散防止効果やUVカット効果を発揮します。窓ガラスフィルムを使用するメリットは非常に大きいといえるでしょう。

goodfilmの紹介と依頼から施工までの流れ

窓ガラスフィルム施工業者であるgoodfilmは、多くのお客様の「窓のお悩み」をガラスフィルムで解決し、一人でも多くの方を笑顔にしたいという思いから開業しました。現地調査から見積書発行までの対応が早いため、多くのお客様に喜ばれています。

サービス提供までの流れ

施工までの流れは以下のとおりです。

  1. お問い合わせ…お電話もしくはメールより受付
  2. 現地調査日の決定(もしくは概算費用の提出)
  3. 現地調査を実施
  4. 見積書の提出
  5. 見積書の確認
  6. 正式に施工依頼を受諾
  7. 施工日の選定
  8. 施工

窓ガラスフィルム施工業者であるgoodfilmでは、お客様を第一に考えてサービスを提供しています。伊豆市や沼津市、三島市で窓ガラスフィルム施工を業者に依頼したいとお考えの方は、ぜひgoodfilmをご利用ください。

飛散防止に役立つ!窓ガラスフィルムの施工業者をお探しなら

窓ガラスは建物のいたるところにあり、台風や地震などの発生時には破損による怪我や二次災害には気をつけたいものです。少しでもリスクを減らすためにも、窓ガラスフィルムの使用を検討しましょう。

goodfilmでは、富士市をはじめ、伊豆市・富士宮市・沼津市・熱海市・三島市の住宅や施設、ビルや事業所などを対象に、窓ガラスフィルム施工を行っています。窓ガラスの防災対策・飛散防止対策をお考えの方は、goodfilmへぜひご依頼ください。

防犯対策・飛散防止対策で窓ガラスフィルムの施工業者をお探しならgoodfilmへ

会社名 good film(ECOP施工加盟店)
代表 石川 功二郎
住所 〒416-0948 静岡県富士市森島275−18
電話番号 090-8188-2166
メールアドレス info@glass-goodfilm.com
URL http://glass-goodfilm.com/
事業内容 窓ガラスフィルム施工
所属 富士商工会議所